ZOOM Hシリーズ 同時録音比較

手持ちの Handy Recorder Hシリーズ で同時生録したものを掲載しています。また水だけど^^;


今回収録したもの(収録日:2010-11-23)
  収録風景1
  収録風景2


機器の設定
  セッティング
  左から、H1 H4+WM61A改 H4n


ファイル (※音声ファイルへの直リンはご遠慮ください)
それぞれ20秒間。ノーマライズだけしてあります。 MP3 は ssrc で 16bit48kHz にダウンサンプリングしてから LAME 192kbps でエンコード。 FLAC は 24bit96kHz 可逆圧縮。FLACについて


波形と周波数特性。6秒台のところにピークがあります。 H4+WM61A改とH4nは波形が似てますが、H1だけ少し違っているのが見て分かります。



H4 + WM61A改
  波形
  周波数特性


H4n
  波形
  周波数特性


H1
  波形
  周波数特性


個人的評価 H4+WM61A改 > H4n > H1 …かなぁ

H4+WM61A改   生で聴いたのにかなり近い感じなのです。WM61A(無指向性)は空気感も良く拾ってくれるので、こういう自然音の収録には向いていると感じます。
H4nできるだけステレオ感を得たいため、マイク角度を120度にしています。音質も上々。手軽に高音質で録りたいときは、これを良く使います。
H1マイク角度は90度で固定という仕様。価格を考えると優秀な音質。やや荒っぽさが感じられるのですが、波形を見るとやや圧縮(コンプ)気味になっている? そういう音作りなのだろうか…。ピークが他より低かったため、そのぶんノーマライズで全体の音量も上がってますが、録音時はH4nと似たような音量レベルです。(いずれ H1+WM61A も試してみたい)

周波数特性はいずれもコンデンサマイクだけあって高いほうまで届いてますが、H1は43kHzあたりから落ちているのが分かります。 また、H4nとH1の特性カーブはやっぱり似ているみたいですね。WM61Aはかなりフラットな印象。

なお、今回は地面に直置きでしたが、少し高いところに置くと当然音の印象も変わります。 今回 WM61A改 だけは少し地面から離れているため、その影響も多少はあるかもしれない。





トップページ オーディオトップ

© 1998-2010 Miecat. All rights reserved.