HSP tips

とりあえずここも暫定ページです。

[HSP3Dish] [Android] AndroidManifest.xml について


※HSP 3.5β2 の時点での情報を元にしています。後のバージョンでは状況が違ってくる可能性があります。


AndroidManifest.xml にはアプリの基本的な情報が書かれています。 とりあえず、現状の HSP3Dish では以下の点を追記したほうが良いと思われます。

最低動作バージョン、ターゲットバージョン、対応スクリーンなど。
    <uses-sdk android:minSdkVersion="11"
              android:targetSdkVersion="19" />
    <supports-screens android:largeScreens="true"
                      android:smallScreens="true"
                      android:xlargeScreens="true"
                      android:anyDensity="true"
                      android:normalScreens="true" />
上記の minSdkVersion では、Android 3.0〜 になります。 タブレット向けとしてリリースするのであれば、11(Android 3.0) か 14(Android 4.0) が良さそうです。 しかし、まだ 2.3.3 あたりのユーザーも多そうなので、より多くの人に使って欲しいならやはり 10(Android 2.3.3) ですかね。 targetSdkVersion のほうは微妙に動作にも影響しますので、記述して動作の違いを確認することをおすすめします。

また、使用していない uses-permission は削除しても良いと思われます。
	<uses-permission android:name="android.permission.VIBRATE"/>
	<uses-permission android:name="android.permission.INTERNET"/>
	<uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_NETWORK_STATE"/>
上記が HSP3Dish(3.5β2 時点)のデフォルトです。 例えばバイブレーションを使用していないなら、VIBRATE の行は削除します。 AdMob を貼っているなら、INTERNET と ACCESS_NETWORK_STATE を残しておきます。 広告だけなら INTERNET だけで良さそうなのですが、ACCESS_NETWORK_STATE が無いと Kindle では表示されなくなりました。



戻る

© 1998-2015 Miecat. All rights reserved.