HSP tips

とりあえずここも暫定ページです。

[HSP3Dish] [Android] [GooglePlay] 「携帯電話向けに設計」の表示を消す方法


GooglePlayにアプリを登録すると「最適化のヒント」で「レイアウトにはタブレットで利用可能なスペースを使用すること」などという表示が出て、「携帯電話向けに設計」と判定される場合があります。 原因は複数あるようなのですが、とりあえず当方では以下のようなことをやったら「携帯電話向けに設計」は出なくなりました(一部、本件には関係ないと思われる項目もあります)。


1) アイコン
各解像度向けに用意することになっていますが、うちでは 192x192のものを drawableフォルダに1個入れてるだけです。これは関係なさそうです。


2) アプリ名
これも関係ないとは思いますが、日本語と英語で分ける必要があったため values-enフォルダとvalues-jaフォルダを作って、各言語に対応しています。 なお、valuesフォルダにはvalues-enフォルダと同内容のstrings.xmlを入れています。


3) AndroidManifest.xml の中身
以下を追記しています。
    <uses-sdk android:minSdkVersion="10"
              android:targetSdkVersion="19" />
    <supports-screens android:largeScreens="true"
                      android:smallScreens="true"
                      android:xlargeScreens="true"
                      android:anyDensity="true"
                      android:normalScreens="true" />
4) HSP3Dish標準のスケーリングは使わない
たぶん、これが引っかかっていた可能性が高いと思っています。 アスペクト比を維持したままで拡大すると、実行環境によっては上下または左右に余白ができてしまいます。 そこで、スケーリングを自前でやるようにして、どんなアスペクト比がきても余白ができないように設計しました。


5) スクリーンショットで余白を作らない
Google Playに登録する際に、説明用の画像を登録しますが、これを単純なスクリーンショットにせず、余白が無いようにデザインします。 どうやらこれに余白があっても引っかかることがあるようです。 この画像で引っかかってもapkに問題があるような表示が出ることがあるようなので、いちどハマると厄介かもしれません(ググるとそういう情報が出てきます)。


参考までに、上記の対策をしたアプリは以下です。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.miecat.iroputi.free



戻る

© 1998-2015 Miecat. All rights reserved.